一眼レフを使いこなす!!一眼レフの説明から設定のことまでいろいろまとめたよ!

みなさんは写真は好きですか??

いきなりですが、みなさんは写真が好きですか??僕は大好きです!!

始めたきっかけは、星や風景を見るのが好きでそれらを周りの人にも見て欲しくて趣味で写真を撮ることにしました!

上の星の写真は以前、金沢に旅行に行ったに「キゴ山」から自分で撮影した写真です!

その時は三脚を持っていなかったので、撮影するのが大変でしたがなんとか一枚は良い感じの写真が撮ることができました!!

最近は、スマートフォンでサクッとお手軽に写真を撮ることが出来るようになりましたね!!

特にiphoneの最新のモデルなんかは、明るい場所だったら一眼レフに負けないくらい綺麗に写ります。

こんな感じですね!これはiphoneでは無いですが、スマホのカメラで撮影しました!

夕日くらいならまだいけると思いますが、夜空のような暗所で撮影するときは、スマホのカメラだとやっぱりよい感じに撮れないですよね。

すごい背景がボケた写真とかも撮れなくはないですが、一眼レフに比べるとかなり見劣りしますね。

こういう理由で一眼レフを購入したかたも多いのではないでしょうか??あとオシャレだからとかww

まぁとりあえず、購入したは良いけど設定するところがたくさんあって分からないし、聞いたことが無いような専門用語がたくさん出てきて最初は困りますよね。

そういった方に今回は、簡単な一眼レフの設定や用語を分かりやすく一緒に学んでいけたらと思っています。

だって好きなことは、みんなで一緒にやったり共有したほうが楽しいですものね!!

ここで設定を覚えた人と将来、一緒に撮影旅行とか行けたら最高ですね!!!みなさんお誘い待ってますww

僕も最初は、全く知識が無い状態で少しずつ学んでいったので、最近買ったばっかりの人や全く設定が分からない人も一緒に頑張って覚えていきましょう!

それでは、まずはカメラの種類について簡単に説明したいと思います!!

(これからの説明は誰でもわかりやすいように説明しているので、本格的にやっている人やプロの方からしたら、ここは違うよって事もあると思いますが、始めたばかりの人やこれから始めようって人がつまずかないように分かりやすいように説明するのでどうぞよろしくお願いします。)

1.カメラの種類は大きく分けて3つある!!

カメラの種類は大きく分けて3つあります!1つずつ説明していきましょう!!

まず1つ目は、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)です!

コンデジとは、一般的には「デジカメ」って言われているやつです。

もっと分かりやすく言うと、運動会などの行事のときに大体どこの家族の人も持っていたあの小さいカメラです!

コンデジは、スマホよりはもちろん性能は良いのですが、やっぱり一眼レフと呼ばれるものより暗所があまり上手に撮れないのです。

それはなんでかって言うとカメラの設定がほとんどいじれないからです。(いじれるのもあります)その代わりいじれないから簡単に撮影できるのです。

スマホよりクオリティーを高くしてサクッと撮影したい場合は向いています!

でも最近になってスマホのカメラがものすごく良くなっているので、趣味で始めようとしているほとんどの方は買ったら「一眼レフにしておけば良かった・・・」ってなると思うので僕は、正直おすすめしないです。

2つ目はミラーレス一眼レフカメラです!

ミラーレス一眼レフとは、一般的には「ミラーレス」って呼ばれています。

普通の一眼レフとの違いは、めっちゃ簡単に説明すると、のぞき穴が無いことです!

つまりスマホとかと同じように画面をみながら撮影します。

あと、一眼レフより小さいので軽くておしゃれです!!(普通の一眼レフは黒くてゴツいイメージです)←まぁこれがかっこよいのですがww

ですので女性にも人気なカメラにもなってます!

普通の一眼レフカメラより劣ってる面は、レンズの種類が少ない事と写真の表現度みたいなものがやっぱり少ない気がします。

この写真の表現度っていうのは、写真のボケた感じだったりとかです。

基本的にこういうのはレンズによって決まるので、レンズの種類が少ないミラーレスはそこらへんが普通の一眼レフより劣っています。

でも、ぶっちゃけた話なんですが、素人目にはあんまりわからないので、わざわざ愛着が沸かないデザインの普通の一眼レフを買うより、おしゃれでイケてる方のミラーレスを購入したほうが、持ち出す回数も増えますしそっちのほうが全然良いと思いますよ!←(星をメインで撮りたい人はダメねww)

星とかをメインで撮りたい方意外は、普通の一眼レフよりオススメです!!

3つ目はデジタル一眼レフカメラです!

デジタル一眼レフとは、一般的には「一眼」「デジイチ」って呼ばれています。

もう、これはゴツくて、かっこよくて、値段が高いカメラですww

プロのフォトグラファーは全員このデジイチを使っています!

なんでかって言うとそれは、性能が単純に良いからです!なのでオシャレな機種なんかは無いですww

しかもこのデジイチにも種類が2つあります。ひとつはフルサイズって言われるモノです。もう1つはAPS-Cって呼ばれるものです。

これはカメラの中にある写真を撮るために必要な、部品の大きさが違います。

フルサイズのほうが大きくて、APS-Cのほうが小さいです。趣味で最初に買うカメラはAPS-Cで良いと思います。

なんでだって??...だってフルサイズめっちゃ高いからです。レンズもカメラ本体の値段もものすごい値段がします。

ですので、コストパフォーマンス的にもAPS-Cのデジイチがオススメです!!

ちなみに今僕が使っているのは、Nikonのデジタル一眼レフカメラのD5300ってやつです!

値段的のもそこまで高くないので、なかなかのコストパフォーマンスを発揮してくれています!!

これですね!!しかもニコンは壊れにくいって言われているので本当にオススメです!

カメラの本体のお話はここら辺にしておいて次は撮影の設定をお話したいと思います。

簡単なカメラの設定で大事なのはこの3種類!!

どの一眼レフでも基本的にこの3つが分かっていれば基本的にマスターできるものがあります!!

それは...

シャッタースピード

ISO感度

F値

の3つです!!

まずは、簡単に説明したいと思います!!その後に少し詳しく説明できたらなと思います!

まずシャッタースピードですが、これはシャッターを切る速さです。まぁそのままですねww

次に、ISO感度は、センサーの感度です。これはすこし難しくなるので後回しにします。

最後に、F値とは絞り値のことです。これもややこしいのでこの後に説明します。

それでは3つの紹介が終わったところで少し詳しく説明していきたいと思います!

シャッタースピードについて

シャッタースピードは、上でも説明したとおりシャッターを切るスピードです。

これが遅いと、写真がすごくぶれてしまいます。よくスマホでスポーツしている人を撮影するとぶれますよね??

それはスマホのシャッタースピードが遅いからです。一段レフではこれを速くしたり遅くしたり出来ます!

遅くする理由としては、光を多く取り込んで明るく写真を撮るためです。

例えば、まばたきで説明すると、まぶしかったら一瞬で目をつぶれば、つぶった後はまぶしくないですよね??

でも一秒後につぶるってなるとその間ずっとまぶしいので、光を多く取り入れていることになりますよね??

一眼レフでも同じことが起こっていると思ってくれてOKです!

つまり、シャッタースピードを速くすれば「ぶれないけど暗くなる」、シャッタースピード遅くすれば「ぶれるけど明るくなる」って覚えておけばOKです!

ちなみに星の写真を撮る時はこのテクニックを使用します!!夜は暗いのでたくさん光を取り入れるテクニックですね。

ISO感度について

ISO感度は、カメラが光を取り込める能力のことです。

最初のうちは、ISO感度を上げると光を取り込む量が多くなって、下げると少なくなるという事だけ覚えておけばOKです!

あと特徴としては、ISOを上げると写真が荒くなります。これはノイズって言われています。

ISOを上げると明るくなるけどノイズが増える、ISOを下げると暗くなるけどノイズが減るって覚えとけば、他の難しいことは覚えなくてOKです!!

使い方としては、スポーツしている人を撮影した時に「シャッタースピードを速くしてぶれないけど写真が暗い」って時にこれを上げれば、ぶれなくて明るい写真がとれるって訳です!

ちなみに星の写真を撮る時でも、天の川のようなものを取るときは、シャッタースピードを遅くしてISO感度も上げるっていうテクニックを使います。

F値(絞り値)について

F値は、カメラがどれくらい光を取り込むのかってのを数値に表した値のことです。

この写真で説明すると、真ん中にある穴がありますよね?

これの穴が小さいと「F値が大きく」、これの穴が大きいと「F値が小さく」なります。←逆になるので注意!!

穴が小さいと光があまり入ってこないので「暗くなり」、穴が大きいと光がたくさん入ってくるので「明るく」なります

これも目に置き換えて説明すると、まぶしいと目を細めて光の取り込む量を少なくしてまぶしくないようにしますよね?逆に暗いところではそういう事はやりませんよね?それと同じです。

またF値には、ボケ感を大きくするか、小さくするかっていうことも関わってきます。

F値が大きいと「ボケ感が小さい」、F値が小さいと「ボケ感が大きい」です。皆さんが良く見るようなボケた写真はF値が小さい設定で撮っています。

ちなみに星の写真を撮るときは、F値を小さくして撮って、光を多く取り入れるようにします。

これらの設定をまとめた画像が分かりやすい!!

文字だけで説明しても分かり辛いと思ったのでこんな画像がありましたのでこれをスマホに保存しておくと後で撮影の時に便利です!!

まとめ

結構、長く説明してしまいましたがここで最後にまとめをしたいと思います!!

シャッタースピードを速くすれば「ぶれないけど暗くなる」、シャッタースピード遅くすれば「ぶれるけど明るくなる」

ISOを上げると「明るくなるけどノイズが増える」、ISOを下げると「暗くなるけどノイズ」が減る

F値が大きいと「ボケ感が小さくて暗くなる」、F値が小さいと「ボケ感が大きくて明るくなる」

これだけ覚えとけば、ある程度は撮れるようになると思います!!

あとは、写真をたくさん撮ることが一番の上達のコツです!!

いかがでしたでしょうか??

結構、分かりやすいように説明したと思いますが、「これが分からない」とか「これが分かり辛い」ってのがありましたら気軽にコメントしてみてください!!

これから写真ライフをエンジョイしていきましょう!!

レンズを追加購入しようとしている人や、ボディーだけ買ってレンズは自分が好きなモノが欲しい人はこのレンズがオススメです!!

僕だったらボディーだけ買ってこのレンズを買うと思いますよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事